AGA治療中の妊活はダメ?

男性の中にはAGA治療中という人もいると思いますが、その際に妊活に取り組むというのはどうなのかと気になっている人も多いのではないでしょうか。

男性は近年若ハゲの人が増えており、そのためAGA(男性型脱毛症)の治療をクリニックで受けているという人は珍しくないです。そういった人たちはプロペシアなどの薄毛治療薬を処方されることが多いと思いますが、これはちょっと問題です。

プロペシアに含まれているAGA改善の成分であるフィナステリドには副作用がそれによって妊活にも影響が出てしまうということです。

フィナステリドには男性ホルモンを抑える効果があり、それによって育毛を促すと言う効果があり、勃起障害性欲減退射精障害精子数の減少などの副作用が出るとされています。

こういった副作用は妊活には悪影響以外のなにものでもないので、AGA(男性型脱毛症)の治療と妊活は両立しないと思ったほうがいいかもしれないですね。

またこういったフィナステリドに含まれている男性ホルモンを抑える効果は男の子を妊娠している女性の体内にプロペシアの有効成分が入った場合に、男の子の生殖器に異常を起こす可能性があると言われています。

こうしたことから妊活をするならAGA(男性型脱毛症)の治療は止めるようにした方がいいかもしれないですね。妊娠する方法

SNSでもご購読できます。